【アニメ感想】ようこそ実力主義の教室へ 2話

アニメ「ようこそ実力主義の教室へ」2話の感想記事です

感想

中間テスト

赤点は即退学。
これ退学になった方がいいんじゃね?って思えてくる。
それにしてもDクラスはクズしかいないな。

連立方程式も分からないのにこの学校入れたのも謎。

ラストは何でみんな高得点獲得出来たんだ?
櫛田が何かやった?

テコ入れ

開幕水着でテコ入れ感ハンパないな。
櫛田はエロ担当か?あざとい、いいぞ。
ただこのキャラ裏がありそうではある。

いつ本性表すか楽しみだな。

バトル展開

まさかのバトル展開。
堀北の兄貴が生徒会長のメガネなのね。
主人公は実は強キャラ設定か。

ぶっちゃけ設定厨じゃない自分でも設定があまりにもガバガバでイラついてくるし
面白くはないんだけど何となく先が気になってすぐに切れない系のアニメだなぁと。
マヨイガと同じ臭いを感じる。

スクリーンショット

関連リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です