【アニメ感想】プリンセス・プリンシパル 5話

アニメ「プリンセス・プリンシパル」5話の感想記事です

感想

DOGEZA

今回はちせとの出会い回。
日本人の得意な土下座外交。
不平等条約撤廃の交渉か。

暗殺者柳生十兵衛はちせの宿敵であり、父の仇であるらしいが…?

バトル

バトルの作画最高っすね。
動く動く。
ちせと十兵衛との戦いは迫力ある。

曲も相まって空の境界を思い出した。

そして宿敵と言っていた十兵衛はちせの父親でした。
父親を打ち負かしたちせ。
悲しいなぁ…。

こうしてスパイメンバーに加入。
面白さ安定してますね。

スクリーンショット

関連リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です