【読書キロク】月刊少女野崎くん 1巻

漫画『月刊少女野崎くん』1巻の感想です。

 

感想

好きな人に告白しようと思って「ファンです!」って言ったら
その相手が少女漫画家でした〜という設定

一応ジャンルはラブコメ?
ラブ要素はほとんどない気がするからどっちかというとギャグ漫画かなw
4コマなんでかる〜く読めます
とにかく登場人物が変人揃いなんでその変人っぷりを楽しむ漫画。

アニメもかなり面白かった。

ハイライト

ではふりかえります

【創刊号】

いきなり告白からスタート。
主人公の千代ちゃんが野崎君に告白…
しようとするも「ファンです!」と言ったら本当にサインを貰う。
そしてそのまま家へ連れて行かれ、ベタ塗りを手伝わされる。

実は漫画家だった野崎君。
しかも後で調べてみると少女漫画家

【第2号】

表は一般人、裏ではヤンキー設定で漫画のネタを考えてみる2人
でも最近の漫画は法律違反すると編集に止められちゃうので色々大変なんだなw
二人乗りチャリのインパクトがヤバいw
ロマンス全然感じないw

【第3号】

背景担当御子柴登場。
プレイボーイかと思いきやめんどくさい性格
まさかのヒロインのモデルかよwww

【第4号】

千代ちゃんの友達、瀬尾結月登場。
いわゆるKY。
でも歌声はガチ。異名「声楽部のローレライ」
詐欺すぎるw

【第5号】

”学園の王子様”鹿島遊登場。
女子だが、他の女子生徒を全員姫扱いしているため男子生徒達から王子と呼ばれる。
演劇部所属だが、遅刻するとバイオレンスなお迎えをされる
鹿島くん多分バカだ…

【第6号】

堀先輩の紹介。
野崎くんの背景担当は謎だったが、演劇部の堀ちゃん部長と判明。
「その…堀先輩って…ブリーフなんですか?」
色々とひどいw

【第7号】

今回は野崎くんの担当の話。
担当の宮前剣さんは超クール。
てか野崎くん嫌われてるような…

あと前担当の前野氏が色々とウザいw
時空を超えるタヌキ…

【第8号】

ギャルゲー回
ギャルゲー好きの御子柴が野崎くんにギャルゲーをやらせるものの…
献身的な主人公の同級生友田に感情移入する2人w
「こうなったら俺がおまえの物語を描いてやる!!!」
本当に描くなwww

【第9号】

都ゆかり先生は野崎くんのご近所さん。
担当の前野はナチュラルにウザいなw

【第10号】

鹿島と堀先輩がメイン。
なんだかんだで仲いいよなこの2人w
御子柴はやっぱり野崎くんの中でヒロイン安定なのか…




アンケート

ブログの今後書く記事などの参考にします。
もし良かったら回答していってください。
よろしくお願いします

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です