最近買った本:あかるい物撮り

 

ドールや小物の撮影をしていて、何かいつもワンパターンだなぁと思い始める。
で、写真の本を何冊か読んでみた。そんな流れで買った一冊。

 

この本に書いてある事すべての実践は難しい。
素人がこの本のテクニックをそのまま真似するのはほぼ不可能だと思う。
でも考え方自体はすごく参考になる。
何を考えてこの配置にしたのか、などが細かく解説されているからだ。

序盤の基礎的な部分の解説も勉強になる。光の当て方とか。
序盤のマトリョーシカの構図の解説が楽しかった。
同じモデルでも構図1つで全然印象が変わるなぁ。

あとは純粋に読んでるだけでも楽しい。
そもそも表紙のポップ感に惹かれて買ったところある。

いまや物撮りも一般的になってきたし、オススメの本。