「人生がときめく片づけの魔法」読了。

 

大ベストセラーの著者どころか、いまや全米で話題の人となったこんまり。
ちょうど片づけもしたいなと思ってたので、読んでみる事にした本。
読む直前にNetflixのこんまり番組の1話を見たからという理由もある。
物の取捨選択の段階で”ときめき”という感覚に頼るアプローチ方法が斬新だなと思った。

で、読んでみた結果。期待以上。

何がすごいって、読み終わった翌日に
衣類クローゼットの中身を全部出して取捨選択したレベルだ。
ちなみに我が家の衣類クローゼットはハンガー大量で使いづらさ半端ないものだった。
何年もその仕様。服畳むのなんか大嫌いだぜ!というノリ。

恥ずかしながら、何年ぶりかにまともに衣類を畳んだ気がする(ひどい)。
しかも嫌々とかじゃなくて結構楽しんでいた。

で、ただの片づけ本としてもすごいのだが、この本はただの片づけ本にとどまらない。
片づけ(断捨離)という行為、自分の所有物との対話を経て、
自分自身を見つめ直すという行為に繋がるという、自己啓発的な側面が強い。

片づけを”祭り”と捉えるのも斬新だ。
”ときめき”をはじめとして、ところどころスピリチュアル要素があるのだが、
著者が神社好き&巫女をやっていた経験からなのかもしれない。アニミズム。
言ってる事自体は自らの経験に則ったものなので、胡散臭さは感じない。

逆に、色々失敗して研究した結果、この方法に辿り着いたんだなぁと納得出来る。
そりゃベストセラーになるわ。もっと早く読んでおけば良かった。

過去の思い出品も大切だ。正直使わないんだけど捨てられない物もたくさんある。
だが、それ以上に今の自分がときめく物だけに囲まれた生活。
自分もそういった生活が出来るようになりたい。
なので、これからはしばらく片づけを頑張ろうと思う。

騙されたと思って色々な人に読んで欲しい本。
※ちなみに読んだのは改訂版です。

 

[amazon_link asins=’4309287220′ template=’ProductGrid’ store=’utsuyama27-22′ marketplace=’JP’ link_id=’00582fdc-6a43-4b32-9ac7-824adc4d461b’]