「ブギーポップは笑わない」読了。

 

さくっと読み終わった。
群像劇で章ごとに視点が変わる。

同じ事件を複数の視点から見る事によって、初めて事件の全体像が見えてくる、という具合だ。

早乙女がいい感じに厨二病心をくすぐるキャラでとても良かった。
霧間凪はまだまだ背景が見えないけど、今後のシリーズで明かされていくのかな。

霧間凪に限らず、群像劇なのもあってそれぞれの人物の描写が薄かった気がする。
あと展開も結構急ぎ目だったかな。
それもやっぱり今後のシリーズで徐々に語られるのかな。というわけで続きが読みたい。

でもハマったら長くなりそうなので、他の読みたい本を読んでから取り掛かろうかな。

全体の雰囲気は最高に良かった。確かに「空の境界」に近い雰囲気を感じる。
紙木城直子と木村くんの関係は結構好きだった。切ない。というか木村くん不遇だな…。