【朝ドラ感想】ひよっこ 7話【連続テレビ小説】

2017年4月放送開始、連続テレビ小説『ひよっこ』7話の感想です。
2週目のタイトルは「泣くのはいやだ、笑っちゃおう」

感想

父ちゃんとの別れのシーンはそれぞれ良かった。
すずふり亭の皆さんもあったかくて良かった。
スリなんて不穏なワードが出てきたけど…
何かのフラグかな…

あと東京オリンピックが本筋にどう絡んでくるのかも楽しみだ。

ハイライト

お父さんが帰る日

稲刈りも終わってお父さんは東京へ戻ってしまう
寂しいですね(´・ω・`)

ひょっこりひょうたん島

「泣くのはいやだ笑っちゃおう」
早速サブタイ回収だ!

聖火リレー

そろそろ東京オリンピックの時代か。
茨城は筑波山の近くだから
奥茨城の近くは聖火リレー通らない(´・ω・`)

「いってきます!いってらっしゃい!」

いい親子だな〜

「なまってしまった…」

時子は脱方言しようと必死かw

「頑張ってください」

お父ちゃんの前で泣き顔の妹と弟
「正月には帰ってくるから」
フラグじゃありませんように

父と母

ラブラブやないか
「東京には私なんかよりきれいな女の人…」
いや、木村佳乃じゅうぶん美人だぞw

「今頃だっぺねぇ…」

授業そっちのけで東京に思いを馳せるみね子
「ずっとみね子のそばにいっからよ〜」
三男かと思ったら先生だったw

すずふり亭

例の洋食屋を再び訪れた父ちゃん
カツサンドのお礼にまんじゅうを渡す
「ごちそうさまです!」
人情溢れるなぁ

宿舎

宿舎に戻った父ちゃん
出稼ぎ労働者を狙ったスリが多いと言う話を聞く
これはスられるフラグ…

関連リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です