【朝ドラ感想】ひよっこ 6話【連続テレビ小説】

2017年4月放送開始、連続テレビ小説『ひよっこ』6話の感想です。
1週目のタイトルは「お父ちゃんが帰ってくる!」

感想

1週目ラストは終始稲刈り
ひたすら稲刈り!
何か事件が起こるでもなく、日常風景って感じ。
だけど見てて何か楽しい。

みんな終始笑顔なのもいい。
見てるこっちも明るい気持ちになれる。
朝ドラはやっぱりこうでなくちゃね!

次週からは結構ストーリーが動きそう。
どうなるかな?楽しみだ。

ハイライト

稲刈りの朝

稲刈りスタート
全部手作業なのは大変そうだ

トランジスタ工場

時子は東京行く進路を親に反対されてる状態か

高い建物

人もどんどん増えて建物もどんどん高くなる

弟は爆睡w

三男

時子の父ちゃんに嫁にもらおうとする話をしようとして…
声に出す前から「断る」

稲刈りしながら歌を歌う女衆
あまちゃんを思い出すな
稲刈り中、みんないきいきしてるな

楽しい時間

「私はこの時間が終わらなければいいのにと思いました」
そういう時間ってあるよね

お疲れ様でございました!

たまに入るこのみね子の事務的な挨拶は何なんだw
真似する弟と妹がかわいい

関連リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です