【朝ドラ感想】ひよっこ 34話【連続テレビ小説】

2017年4月放送開始、連続テレビ小説『ひよっこ』34話の感想です。
6週目のタイトルは「響け若人のうた」
軽く1ヶ月半ほどあいてしまいましたが。

先の展開は「向島電機が…」くらいしか知らないです。

今から頑張って消化していきます。

感想

お父ちゃんを見かけた報告

前回綿引さんから実さんを見かけた人がいたと報告されたみね子
早速谷田部家に連絡…しようとするも、谷田部家には電話がない。
そのため時子の実家、助川家に電話することに。

君子さんは相変わらず愉快だなw
チャリでコケるとことか完全にコントだった。

綿引巡査と合唱の先生

謎のツーショット。
初対面で奢ってもらうとか先生図々しすぎだろw
なぜか打ち解けてるしw

引き続き行方不明

新情報があったにしろ、実さんが行方不明なのは変わらず。
むしろ元気そうにしてるならなぜ連絡をよこさないのか。
家族を見捨てるような人ではないから何か理由があるんだろうな…

東京の母ちゃん

みね子を励ます愛子さん
辛い経歴を持つ愛子さんだからこそ、胸に響く。
「東京の母ちゃんみたいだな」

話の展開は重いけど、
こういうシーンでほっこりさせてくれるのがひよっこのいいところ。

スクリーンショット

 




◎記事の共有をしてくれると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です