【朝ドラ感想】ひよっこ 23話【連続テレビ小説】

2017年4月放送開始、連続テレビ小説『ひよっこ』23話の感想です。
4週目のタイトルは「旅立ちのとき」

感想

三バカ茨城最後の日
じんわりと泣かせに来やがる…
いいドラマだ

それぞれの家族、それぞれの良さがあっていいなぁ
やっぱり茨城の描写は極端に減ってしまうんだろうか
だとしたら寂しいなぁ

ハイライト

最後の夜

弟と妹にも最後の挨拶
「今まであんまし優しくしてやれねえでごめんな」

幸運のお守り

すずふり亭のマッチを手渡される
キーアイテムか

「いいよ、おいで」

美代子さんと一緒の布団へ。

おねしょ

旅立ちの日も進のおねしょを片付けることになるw

「1万入ってる。持ってけ」

じいちゃんから金を渡される
本当に困った時のためのお金

三男の家

三男めっちゃ食う
最後だからな

時子の家

君子さんwwww
「あんたが出てったらつまんねえの2人しかいねえんだよ」
ひでえwww

谷田部家

一方みね子もおかわりしていた
「大きくなったね」

「じいちゃん!」

控えめに手を振るじいちゃん

お別れ

バス停でのお別れ
三バカがいなくなったらこのバス乗る人いなくなりそうだな…
あれ、目から汗が…

関連リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です