【朝ドラ感想】ひよっこ 20話【連続テレビ小説】

2017年4月放送開始、連続テレビ小説『ひよっこ』20話の感想です。
4週目のタイトルは「旅立ちのとき」

感想

担任の田神先生もいいキャラしてるなー
「何でもやります」と無茶を言うみね子をちゃんと叱っている描写は良かった
向島の工場との電話のやり取りは生徒思いなのが伝わってきた

みね子の東京での職場はどうなるかな…?

ハイライト

「うちの嫁さん全然笑ってくれねえからさ」

宗男の嫁www
つまらないギャグで笑ってくれる優しさ

ビートルズ

宗男は音楽好き設定か
中の人が峯田なのも頷ける
「カブトムシ…たち…」

「もっと自由に生きろ」

宗男なりのみね子への励ましか
「自由って何?」

3学期

みね子の事を心配する時子
「東京行くことにしたよ、私」
「そうかぁ…」

「就職の季節はとっくに終わってっと」

あっ…
そのへん考えてなかったのかw

「私、何でもすっから!」

おいそれはフラグだ
「みね子、ふざげんな」
ちゃんと叱ってくれるいい担任だな

「どうにもなんなかったら…」

「私の代わりにみね子が行けばいいよ!」
「そんなことできないよ」
悲しいな(´・ω・`)

向島電機

行けそうかと思いきややっぱり無理か…?
後から欠員とか出そうだけど

関連リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です