【朝ドラ感想】ひよっこ 14話【連続テレビ小説】

2017年4月放送開始、連続テレビ小説『ひよっこ』14話の感想です。
3週目のタイトルは「明日に向かって走れ!」

感想

青年団の会合。
即却下食らったかと思いきやノリノリで対応してくれた兄ちゃん達。
良かったなー。
三男の力説も良かった。

このドラマは登場人物がいい人ばかりだ
現実だとこうも上手くはいかないだろうけど、ドラマ内でくらい上手くいってほしい。
本当にいいドラマだ

ハイライト

L字のせいでキャプチャが残念なことになっている…

青年団会合

青年団説得出来るか?
三男は何とか親の妨害を避けて逃走w
時子も大変そうだ

「そーっと様子覗いてこぉ」

じいちゃんと美代子さんもさすがに気になる様子w

「ちょっとだけ俺たちに時間をください」

「聖火リレーって何の真似だ?あ?」
あーこれはダメそうですね…
見守る母親達の図w

「くっだらね」

即却下
これだから保守的な田舎は(´・ω・`)

「俺はこの村が、奥茨城村が大好きだ!」

「俺の居場所はこの村にはねえ」
三男…(´;ω;`)ウッ…
三男かっこいいじゃねえか!
「心の中に、ずっと村の事を想ってくれる人のためにもあるはずだ」
母ちゃん達ももらい泣き

「現実っつうもんをちゃんと見てねえ」

出て行く事が決まっている人間、出て行く事が出来ない人間。
兄貴つええな
「この表の見積もりは甘すぎる」
ってみんなノリノリじゃねーか!早速見積もりにダメ出しwww

「兄ちゃんじゃねえ、団長だ」

ツンデレかよ!
母ちゃん達も大喜び
みね子がアンカーを走ることに。

関連リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です