花子とアン128話感想

朝ドラ花アン128話感想

127話の感想↓

花子とアン127話感想 | ウツヤ・マツナ

もう展開がこぴっと早すぎておらにはついていけねえずら
わざわざキャプ付感想書く気力もわかないずら

ももはぽっと出の画家とあっさりくっつけられたずら
脚本ぶっ飛び過ぎずら
画家は働くとかいって結局村岡印刷のとこ就職するんじゃねーかずら
結局ももが朝市好きだったエピソードの必要性とは何だったずら

北海道に嫁いだのも単にももの弱みをつくって画家と結婚させる伏線にすぎなかったずら
これじゃももがただの尻軽女ずら
結局死んだ森田さんとは離縁できてたのかすらよく分からなかったずら

ラジオのおばさんのモノマネは悪意しか感じなかったずら
悪意というか悪趣味ずら

このドラマ「〜1年経過〜」が多すぎずら

朝市が結婚で嬉しい話のはずなのに何の感情もわかないずら
結婚相手は手近な森田さんポジの相手(出演なし)ですまされたずら

ももはプロポーズされたその日には出産ずら
あまりにもスピード出産すぎておめでとうもクソもないずら

そろそろ切りたいずら
脇役にいいキャラが多かったから今まで見続けてこれたけど
脇の扱いが適当すぎて耐えられなくなったずら
もう赤毛のアンエピをとっととやってくれし

素材はいいのにどうしてこうなったずら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です