花子とアン122話感想

朝ドラ花アン122話感想

121話の感想↓

花子とアン121話感想 | ウツヤ・マツナ

前回に引き続きラジオ出演依頼

hanakotoanne122

子供向けのニュース番組

だがはなは乗り気じゃない様子

hanakotoanne122-001

「上がり症ですぐへまをするんです」
女学生時代の劇の回想
もう20年前の話なのか…

花子にラジオの出演を勧める夫

hanakotoanne122-002

「もしナマケモノのお母さんが喋ったらそういう声に違いないんだ」
そういやそんなナマケモノネタもあったな
村岡印刷の変人ネタってそういやすっかり忘れてたわ

ラジオ局にて

hanakotoanne122-003

「山岡先生」
人の名前間違える無能の鑑かコイツ

歩の回想

hanakotoanne122-004

そういやラジオの真似やってたな

「でも、やらせてください!」

hanakotoanne122-005

断るはずだったのが承諾することに
歩のことを思い出したからか
ラジオ大好きだったしな
展開早いな

マイクの前で発声するも緊張でガチガチのはな

hanakotoanne122-006

深呼吸浅くね?
あーアカン

早口言葉

hanakotoanne122-007

「ぶぐばぐぶぐばばb」
花子ボロボロだwwww

一方宮本家では

hanakotoanne122-008

壇蜜キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!
「雪乃と申します」
さてこの色っぽい女の人は何しにやってきたのでしょう?

感想

壇蜜登場でまた昼ドラ展開っぽい雰囲気に(なるのか?)
花子は今のとこボロボロだけど歩のこと思い出して本番は上手くやるんだろう

有馬次郎アナは井上二郎の前身か(違う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です