【読書キロク】ハチミツとクローバー 7巻

漫画『ハチミツとクローバー』7巻の感想です。
作者は羽海野チカ先生。
最近だと『3月のライオン』でもお馴染みですね。
実は管理人はまだ『3月のライオン』を読んだことがない…

そのうち読みたいんですけどね〜…

 

感想

とにかくこの巻の主人公は竹本だなぁ
修復士達と出会った事で色々見えてきて、答えは分からないけど突き当たるところまで走ってみようと決めて。
それで稚内まで行っちゃうんだから凄い

周りのしんさん棟梁なんかもいい事言うんですよね〜

こう一皮剥けた感じがするね!
はぐちゃんに想いを伝える事が出来たし!
多分答えはNOだったと思うけど、彼はもう前を向いて進んでいけると思う(`;ω;´)

ハイライト

ではふりかえります

chapter.41

hachikuro7-001

 

引き続き自分探し

hachikuro7-002

竹本は松島に到着。
東京からチャリで松島は凄すぎる

 

瑞巌寺

hachikuro7-003

ついでに寄った瑞巌寺の細工を見て衝撃を受ける竹本

 

修復士

hachikuro7-004

自転車も壊れて空腹でぶっ倒れた竹本は寺の修復士と出会う
欠員も出てバタバタしてる中、自分を雑用でも何でもいいから使ってほしいと頼む
これは竹本の転機になるかな

 

こども絵画教室の先生

hachikuro7-005

一方はぐちゃんは花本先生からこども絵画教室の先生をやらないかと提案される
コミュ障はぐちゃん大丈夫か?

 

森田帰還

hachikuro7-006

せっかく脱走して帰還したのにいなくなったのすら知られてなかった森田さん
(´・ω・)カワイソス

 

あゆと理花さん

hachikuro7-007

藤原デザイン事務所で遭遇してしまった2人
修羅場や…
美和子さんの胃が心配だw

chapter.42

hachikuro7-008

 

松島の修復士のもとで炊事

hachikuro7-009

引き続き松島の竹本
所帯じみてるな…
いい主夫になれそうだ…(違

 

こども絵画教室

hachikuro7-010

あたふたしながらも何とかうまくやれてるはぐみ先生

 

森田

hachikuro7-011

さりげなく見守る森田さん
ニクいねぇ〜

 

受験

hachikuro7-012

いかにもガリ勉っぽいマセガキに風景画を教えてくれと頼まれるはぐちゃん
「賞が欲しい」という彼だが…
しかし絵は賞とかじゃないんだよなぁ

 

大人

hachikuro7-013

あゆと話した後の花本先生の独り言が切ない
「大人になったくらいで何が変わるよ?せーぜー腰が痛くなったり駅の階段で息切れするくらいだ」
その後の「ああ原田、会いたいなぁ」がまた切ない

 

家政夫

hachikuro7-014

このままだと竹本の天職が家政夫になってまうw

chapter.43

hachikuro7-015

 

竹本、引き続き滞在中

hachikuro7-016

おいしい料理を作りながらすっかり馴染んだ竹本
「このままここにいてもいいかも…?」なんて思い始めたが
本当は旅の途中だったことを思い出す

 

棟梁

hachikuro7-017

「そんなのっぺらぼうみたいなカオでニコニコしてる位ならいつまでもここにいねーで気がすむまでとことん走ってこい」
「迷うなら迷う。走るなら走る」
棟梁の言葉が心に沁みる

 

「私も器をお願いできないかしらと思って…」

hachikuro7-018

あゆが本当は真山を好きなことを知らない理花さんはあゆの作る器に興味を持った様子
あぁ、また修羅場が…
そして美和子さんの心労が…

 

「人間は転んでも何度だって立ち上がれるという事じゃないか!?」

hachikuro7-019

森田さんってほんとたまにすごいいい事言う
超変人なのにたまにものすごくイケメンになるから困る

 

「アアア」

hachikuro7-020

あゆに吹っ飛ばされる森田さんの図
普通に傷害罪やないかw
森田さん生きてるのがすげえw

chapter.44

hachikuro7-021

 

竹本、出発

hachikuro7-022

ついに松島を出発
「あの雨の夜に飛び出したのとは、全然違う気持ちで」
つかしんさんも自分探しやってたんだなw竹本の先輩だぁ

 

倉持くん

hachikuro7-023

はぐちゃんの絵画教室にいたガリ勉タイプ倉持くん
受験で有利になるために絵の賞が欲しい
なぜ彼がそんなに受験にこだわるのか?
お母さんを悪く言った叔母達を見返してやりたいという気持ちだったんだね

根はいい子だし努力家だぁ

 

花火

hachikuro7-024

はぐちゃんと倉持くんで見た花火
その花火の思い出の絵がいい感じに描けてて( ;∀;) イイハナシダナー

chapter.45

hachikuro7-025

 

北斗星

hachikuro7-026

北斗星に乗る事も叶わないまま死んだ竹本父の生きた意味
そして、竹本自身の生きる意味とは
答えなんて多分わからない、でも走らずにはいられない
あぁ、青春だわぁ…

 

最北端の地

hachikuro7-027

とうとう到達
何もなくても自分の足を交互に踏み出すだけで、寮の部屋から辿り着いた
これは達成感凄いわ

 

最後の夏休み

hachikuro7-028

成長した(?)竹本、ついにはぐちゃんのもとに帰還

chapter.46

hachikuro7-029

 

たくましい竹本

hachikuro7-030

旅から帰って森田さんと互角に渡り合えるように…
こんなとこからも竹本の成長を感じるw

 

型抜き

hachikuro7-031

祭りの型抜き
日光東照宮とか無理だろwww

 

「はぐちゃん、オレは君が好きだよ」

hachikuro7-032

はぐちゃんに会いたいから戻ってきた
笑顔ではぐちゃんに想いを伝えられた竹本
本当に成長したなぁ(`;ω;´)

はぐちゃんがどんな答えを出そうとも関係なく、とにかく自分の想いを伝えられたって感じがいい
吹っ切れたな

 

あの音はもう聞こえないんだ

hachikuro7-033

はぐちゃんがどういう答えを出したのか具体的には書かれてないけど
これは竹本ダメだったんだろうなぁ
それでも前を向いていける
ほんと竹本の成長を見ると胸が熱くなる

番外編

hachikuro7-034

 

荒川ランドのニャンざぶろうの話

hachikuro7-035

みんなに愛されるニャンざぶろうの中の人は懐かしきローマイヤ先輩
なるほど愛される理由も大納得だ
そしてローマイヤ先輩なき今、現在のニャンざぶろうは森田さんなのでしたw




アンケート

ブログの今後書く記事などの参考にします。
もし良かったら回答していってください。
よろしくお願いします

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です