【読書キロク】ハチミツとクローバー 3巻

漫画『ハチミツとクローバー』3巻の感想です。
作者は羽海野チカ先生。
最近だと『3月のライオン』でもお馴染みですね。
実は管理人はまだ『3月のライオン』を読んだことがない…

そのうち読みたいんですけどね〜…

感想

主に森田さん・はぐちゃん・竹本の三角関係にスポットが当たった巻だったかな
はぐちゃんの心をはじめ、いろんな事を引っ掻き回した挙句、急にアメリカに行くことになる森田さん

一方で密かに悩む竹本。
戸惑うはぐちゃん。

森田さんがアメリカに行ったことにより、どうなるか。

ハイライト

ふりかえります

chapter.16

hachikuro3-001

 

学園祭の準備

hachikuro3-002

はぐちゃんは花本先生がいない影響か、プレッシャーに負けて作業が捗らない様子

 

真山を想う山田さん

hachikuro3-003

一方山田さんは、卒業した真山はもうこの中にはいないんだよなぁと切ない気持ちになるが
目の前には真山。

 

社会人パワー

hachikuro3-004

真山は陣中見舞いでみんなにロールケーキを差し入れ
そして夕飯は出前を奢ってくれる。
社会人ならでは…学生にとってはありがたい存在だ

 

森田さんとはぐちゃん

hachikuro3-005

作品に取り組む森田さんの姿を見てやる気を出すはぐちゃん
温泉旅行の醤油日本画の時もだけど、お互いを高め合ういい関係だな
才能ある者同士、案外お似合いのカップルかもしれない

 

木のブローチ

hachikuro3-006

朝起きたはぐちゃんのマグカップの中には、木のブローチが。
それを見て全てを察する竹本。
完全にライバルに先を越されてる竹本。どうする…!
それにしても、そっとプレゼントとか森田さんもなかなかニクいことしますね〜

chapter.17

hachikuro3-007

 

商店街のクリスマス

hachikuro3-008

はぐちゃんは山田さんの商店街のお手伝いをすることに
クリスマスケーキの売り子だけど、バイト経験ないハム坊はぐちゃんは大変そうだ
しかし今回のクリスマスは、近くのスーパーにお客さんを取られて客足が少ない…

 

バルーンアート

hachikuro3-009

はぐちゃんの閃きで店先にバルーンアートを飾ることに。
もちろん駆り出される竹本…いい奴だな…(`;ω;´)
子供を中心にお客さんを呼び込んでケーキは無事完売

 

クリスマス会

hachikuro3-010

みんな揃って楽しいクリスマス会
「皆で過ごすクリスマスはこれが最後なのだと感じた…」
竹本はこれが最後のみんなでクリスマスだということを悟っていた

chapter.18

hachikuro3-011

 

水上バスで都内を船旅

hachikuro3-012

真山提案で水上バスに乗ることになったみんな
寒い時期に水上バスとか超辛そうだ

 

「「戦うのがイヤだから」とか言って全部放り出そうとしてないか?」

hachikuro3-013

森田さんがはぐちゃんの事を好きかもしれないと悩む竹本へ、真山からの一言。
この言葉は真山だからこそ説得力あるかもしれない
それにしても自分の事に関しては不器用なのに人の事には鋭いな、真山。

 

「「ダメだ」って言われたけれど、そんなあっさりキライにはなれないわ」

hachikuro3-014

森田さんにどうして真山がまだ好きなのか聞かれた山田さんの解答。
山田さんはずっとこの思いを引きずってるんだよなぁ
あっさり諦められれば楽だって自分でも分かりきっているのに。

 

観覧車

hachikuro3-015

超気まずいチーム分けになり、沈黙する竹本・はぐちゃん・森田さん
あの森田さんが動揺するって相当だなw

何かとても不思議だ。何年か前まではボクら、お互いにカオも知らなかったのに。
今はこうやって、まるで当り前みたいに一緒に過ごして、夕暮れの空を見上げて「きれいね」なんて言っている

chapter.19

hachikuro3-016

 

正月明け

hachikuro3-017

はぐちゃんは成人式
写真が七五三にしか見えない…

 

花本先生帰還

hachikuro3-018

モンゴルは花本先生のホームシック(?)により散々だったようだ…

 

馬頭琴

hachikuro3-019

森田さんは本当に多才というか天才肌というか…

 

花本先生と徳大寺先生

hachikuro3-020

恩師、徳大寺先生といる時は子供のように見える花本先生
この関係は今後ずっと変わらないのだろう

いつの日かボクらももっと大人になって、まるで子供時代なんてなかった様に思われる、
そんな日が来るのだ

 

森田とはぐちゃんで画材屋へ

hachikuro3-021

帰ってきたはぐちゃんに「楽しかったか」と聞く花本先生
しかしはぐちゃんの答えは「楽しくなかった
はぐちゃんも森田の事が好きなんだな…

chapter.20

hachikuro3-022

 

花見回。

hachikuro3-023

森田さんのインパクトがヤバい

 

商店街三代目の会の皆さん

hachikuro3-024

山田さんは三代目の会のアイドルだなぁ

 

はぐちゃんと森田

hachikuro3-025

画材屋に行って以来、はぐちゃんは森田とほとんど会ってなかったが…
久々にはぐちゃんを発見した森田さんはやっぱりいじくりまわす
そして…

 

キスしちゃった

hachikuro3-026

森田さん自身もビックリの展開。
キスした後に急に照れる森田さんがまた可愛かったりする
さてどうなる。
それにしてもこのキスシーン、ほんと何気なくキスしちゃったって感じが出ててほんと好き

chapter.21

hachikuro3-027

 

寝込むはぐちゃん

森田とのキス以来知恵熱で寝込むはぐちゃん
花本先生、全てを察して死にかけるw

 

森田さんはアメリカへ

hachikuro3-030

寮に突然森田さんの兄、がやって来てパスポートを持っていく
竹本は森田さんが長期間アメリカに行く事を知る

 

「バッカヤロウ なにかんがえてんだよ」

hachikuro3-031

飛び立つ飛行機に叫ぶ竹本
竹本がこんなに感情乱れてるのは初めてで印象深いシーン

はぐちゃんの心を掴んでそのままアメリカ行っちゃうなんて…
確かに竹本からしたらふざけんなって言いたくなるわなぁ




アンケート

ブログの今後書く記事などの参考にします。
もし良かったら回答していってください。
よろしくお願いします

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です