デアゴスティーニ「ニードルフェルトでねこあつめ」をつくる 1

 

デアゴスティーニの「ニードルフェルトでねこあつめ」を作る日記です。

 

ニードルフェルトでねこあつめとは?

分冊商法でおなじみのデアゴスティーニ。
ねこあつめシリーズは各巻で1匹ねこさんが出来ます。
なので全部集めるもよし、好きなねこさんの巻だけ買うもよし。

と、デアゴスティーニにしてはやさしい仕様になっております。

 

創刊号

創刊号は針とマット入り。
もちろん材料も同封されているので、こっちで揃える道具とかはないです。
そのまま始める事が出来ます。

ピンク色のマットがかわいい。
ちなみにハマナカ製です。
手芸やる人ならおなじみのメーカー。

素材はアクレーヌ
羊毛ではなくアクリル繊維のもので、固まりやすいものです。
アクレーヌ初めて使ったけど本当に作りやすかった。

内容の方もかなり分かりやすくなってます。
初心者でも割と簡単に作れると思う。

ちなみに管理人は羊毛フェルトちょっとだけ経験あり。
初心者本でハムスターとインコ作った事あります。
そんなわけで、つまずく事もなくサクサク作れました。

唯一大変だったのはエサの皿かな。
あんまり綺麗な形にならなかった(´・ω・`)

そういえば羊毛フェルト始めたばかりの頃はとにかく針が折れた。
持ち方が悪かったようで、針の上の方をつまむように持ったら折れなくなった。
ペンみたいな持ち方だとバキバキ折れてしまう。

とりあえずそれとなくかわいいしろねこさんが出来たので満足。
(若干顔が平たくてでかいけど)

初心者でも作りやすいし、創刊号は安いしオススメ。

 

関連リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です