ぬいぐるみブログ 2 〜NICIのキリン〜

 

タイトル通り、ぬいぐるみについて語るブログです。
主な内容は管理人のぬいぐるみ紹介など。

 

NICIのキリン

今回ご紹介するのはNICIというドイツのブランドのキリン。
一応公式設定だとニーナという名前みたいです。

この子も前回のナルシスと同じように、博品館でお迎えした子。
NICIのぬいぐるみ自体はソニプラとかにもいます。
色々いたけどキリンが一番可愛かったのでキリンを選ぶ。

ちょっとお値段がお高めですが、NICIのブランドコンセプトが
”ちょっといいギフト”との事みたいです。
実際手触りは良いしデザインも可愛いからプレゼントにも良さそう。

 

公式紹介文

タグには以下の紹介文が。

ニーナ
”優しく、思いやりに溢れている女の子。突っ走りがちなレックスの引き止め役。
案外、決断力があって思い切りが良い。”

公式設定はこんな感じだけど、うちでは割とおちゃらけキャラになりそう。
おちゃめな頭脳派キャラにしようかな。
首に赤いスカーフとか巻いてあげたい。

 

公式サイト

 

ぬいぐるみのデザイン

いつか自分でもぬいぐるみ作りたいなと思ってる。
昨日博品館でたくさんのぬいぐるみ見てて思ったけど、
やっぱり人気の動物(クマ・ウサギ・ネコ・イヌなど)のぬいぐるみが多い。

マイナーな動物も少しはいたけど、
リアル路線だったりかわいいって感じじゃなかった。
そのへんのマイナーな動物をかわいいキャラクター化して作ってみたいなぁと。

(ぬいぐるみとはまた別だけど、
そういう意味でけものフレンズなんかは上手くやってると思う)

ただ、あんまりキャラクター色強くすると癖が出ちゃうし、
かといってリアルすぎても何かイマイチ可愛くないし。
このリアルとキャラクターのバランス良いポイントを考えるのが大変。

仕事でキャラクターデザインやってる人達も苦労してるんだろうなと思う。
そう考えると、テディベア元祖のシュタイフって改めてすごいなと。
クマのリアル感を残しつつ、可愛く仕上げたわけだし。

そりゃ長いこと愛されるわけだ。

長々と書きましたが、そんなわけで
いずれオリジナルのぬいぐるみ作ってみる予定です。

 

関連リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です