【読書キロク】カードキャプターさくら6巻

コミック『カードキャプターさくら』6巻の感想です。

 

感想

普通にネタバレな内容です。

クロウカード編ラストです。
クロウカードを全部集め、ユエによる『最後の審判』を受けることになるさくらちゃん。
観月先生などの力を借りつつも無事審判も終わらせるわけです。
さくらちゃん、魔力も心も随分強くなりましたね。

ケロちゃんの本来の姿、かっこ良かった。
雪兎ユエだったのは最初に読んだ小学生当時は結構衝撃でした。

「さくら」「小狼君」呼びが定着したのもこの巻から。
ゆっくりとだけど着実に絆を深めていってる2人にニヤニヤが止まらない(・∀・)

では内容をふりかえりましょう。

1話

『火』のカード

ccsakura6

5巻の続き。
襲撃してきたのは『火』のカードでした。
四大元素の一つで攻撃カード
さすがのさくらちゃんも苦戦。

 

ケロちゃん

ccsakura6-015

さくらちゃんを庇ってケロちゃんも倒れてしまいます。

 

封印

ccsakura6-001

『風』『水』のカードを2つ同時に使って『火』のカードを封印。
さくらちゃんの魔力もかなり強いものになってます

 

「だれ?」

ccsakura6-002

『火』を封印したと同時に元の姿に戻るケロちゃん。
あまりにも黄色いぬいぐるみの面影がなさすぎて
さくらちゃんに「だれ?」と言われるw

 

「さくら!!」

ccsakura6-003

どさくさに紛れてさくら呼びする小狼。

 

『地』のカード

ccsakura6-004

いよいよ最後のクロウカード、『地』の登場です

2話

知世ちゃん宅

ccsakura6-005

『地』のカードによる地震がクロウカードの仕業だと気付く知世ちゃん
ビデオをちゃんと忘れずに持っていくあたりさすが。

 

『樹』を使って『地』を封印

ccsakura6-006

木が倒れてないことを見て『樹』のカードを使ったさくらちゃん
何とか『地』のカードも封印完了。
あの状況で木が倒れてないことをちゃんと見てたさくらちゃんの観察眼はさすが。

 

雪兎

ccsakura6-016

気を失ってたはずの雪兎が目覚めて…
えっ?

3話

『月』の正体

ccsakura6-017

今まで何度も名前だけ出ていた『月』が登場。
何と雪兎は『月』の仮の姿だったのでした。

 

最後の『審判』

ccsakura6-007

クロウカードを集めた者には『月』による『最後の審判』が行われる
ケロちゃん情報後出しすぎるやろー!
(※といってもケルベロスは最低限の情報しか教えてはいけないルールなんですよね…)

 

『忘れること』

ccsakura6-008

クロウカードの災いの正体は
”クロウカードに関わった人全員が大事な人の記憶を忘れてしまうこと”でした
確かに人によっては災いでも何でもないかもしれない、けど…
この災いは、クロウが死んだ後に残されたカード達、
ケロちゃん、ユエの為に作られたものとのこと。

 

「絶対だいじょうぶだよ」

ccsakura6-009

どうしていいかわからないけどそれでも一生懸命やってみると言ったさくらちゃん
ここでまた「絶対だいじょうぶだよ」来ました。
うん、さくらちゃんなら大丈夫…!

4話

クロウ・リードからの贈り物

ccsakura6-010

何と観月先生から渡されたのはクロウ・リードの創った鈴でした
観月先生の役割はこの鈴を渡すことだったんですね
というかクロウにはさくらちゃんがクロウカードを集めることなど初めから分かってたんですね…

 

星形の杖

ccsakura6-011

鈴を使うと杖は形に変化
月の属性のカードを使っても反射されなくなりました

 

「『主』とかじゃなくて『仲よし』になってほしいな」

ccsakura6-012

さすがなかよし連載( ゚д゚ )
こうしてユエにも認めてもらい、審判終了。

 

「これから『わたし』がご迷惑をおかけすると思いますけれど…」

ccsakura6-013

突然さくらちゃんの頭の中でクロウさんが出てきます
伏線っぽい意味深なセリフを残すクロウさん

 

はにゃーんとなる理由

ccsakura6-014

小狼とさくらちゃんが雪兎にはにゃーんとなって、観月先生には(ry の説明
やっぱりさくらちゃんが最初からクロウカードの持ち主にふさわしかったんですね

クロウさんについての新たな謎を残しつつも次巻へ。
次からはさくらカード編ですね。




アンケート

ブログの今後書く記事などの参考にします。
もし良かったら回答していってください。
よろしくお願いします

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です