【読書キロク】カードキャプターさくら10巻

コミック『カードキャプターさくら』10巻の感想です。

 

感想

普通にネタバレな内容です。

とうとうさくらちゃんが雪兎に告白した巻です
でも「さくらちゃんの一番は他にいる」と答えた雪兎

さくらちゃんが小狼の想いに気付くのももう少しっぽいですね

切ない、甘い、あったかい巻だなぁ

では内容をふりかえります

1話

「わたしの力が足りないから…雪兎さん消えそうになってたんですね…」

ccsakura10-001

前巻の続き。
お兄ちゃんとユエのやり取りの一部始終をさくらちゃんは見てしまったのでした。
さくらちゃんのこと励ますユエ、だいぶ丸くなりましたね
何かあっても絶対お兄ちゃんを守る決意を固めたさくらちゃん

 

模擬店大会

ccsakura10-002

さくらちゃんのメイド服

 

雪兎への告白

ccsakura10-003

ついにさくらちゃんは雪兎に告白します
しかし「さくらちゃんの一番はぼくじゃないから」と答える雪兎
雪兎への気持ちはお父さんと似ているということに気付いたさくらちゃん

 

「その人もきっとさくらちゃんを一番に想ってくれるから」

ccsakura10-004

雪兎がさくらちゃんに言った言葉
さーてその人は一体誰でしょう?(・∀・)ニヤニヤ

2話

クロウの気配

ccsakura10-005
『星の道』に入ってくる生徒に対応するために
咄嗟に『迷』『幻』を出すさくらちゃんの判断力って何気にすごいと思う

 

「エリオル…君」

ccsakura10-006

とうとう杖を持ったエリオルがさくらちゃんの目の前に現れます
さくらちゃんの力が強くなった証拠ですね

 

クロウの死んだ日の記憶

ccsakura10-007

ケロちゃんとユエとお別れする場面を夢で見ます
ケルベロスとユエを眠らせてから最後の魔術を使ったクロウ
影が2人…?

 

公園

ccsakura10-008

小狼に雪兎との話をするさくらちゃん
「やっぱりちょっとだけ…少しだけ涙が出そうになっちゃって…」
さくらちゃんが一番好きになれる人、目の前にいるよ

3話

「わたしの幸せはさくらちゃんが幸せでいてくださることですから」

ccsakura10-009

ああ、知世ちゃん
何て慈愛に満ちた子なんだ…

 

お祭り

ccsakura10-010

さくらちゃんは小狼用の浴衣を作っていたのでした
うん、似合ってる
公園で励ましてくれた事のお礼です

 

雪兎

ccsakura10-011

本当はさくらちゃんの好きが
お父さんに抱く気持ちと完全に同じではないと気付いてた雪兎
でも雪兎が好きなせいで「さくらちゃんの一番を見つけるのが遅れちゃいけない」
心を鬼にして断ったんですね

これも雪兎の優しさかな。

「あいつはあいつなりにお前の答えを受け止めた」
桃也と雪兎もいい関係ですね

4話

クロウの気配

ccsakura10-012

馬の銅像による襲撃
しかしさくらちゃんと小狼と協力して銅像を止めることが出来ました

 

知世ちゃんの後押し

ccsakura10-013

「さくらちゃんは悲しいことをずっと悲しいまま抱えている方ではありませんわ」
さくらちゃんの事を気遣って、さくらちゃんへの告白を躊躇う小狼
そんな小狼を後押ししてくれる知世ちゃん、さすがよく見てる

 

「みんなもこの灯りを見て幸せになってくれるといいな」

ccsakura10-014
そういえば『灯』のカードは月峰神社で封印したんだよね
そんな感じでほっこりしつつ10巻は終了です。




アンケート

ブログの今後書く記事などの参考にします。
もし良かったら回答していってください。
よろしくお願いします

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です