【朝ドラ感想】べっぴんさん28話【連続テレビ小説】

2016年10月放送開始、連続テレビ小説『べっぴんさん』28話の感想です。
5週目のタイトルは「お父さまの背中」




公式サイト

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」

感想

感想記事は遅れまくってますが、視聴は最新話までしてます。

何だかなぁ…
どうせ良子ちゃんが戻ってくるのは分かりきってるし、この流れいるか?

ゆりの方はどうなるでしょうかね?
文句ばかり言うゆりに「それならお前が言ってみろ」と言った五十八さんはさすがですね

それにしても主人公のはずのすみれが空気だな…

ハイライト

はぁ…

暗いな、ひたすら暗い
「お洋服やと、良子ちゃんがいないと…」

 

「こんにちは」

何と良子ちゃんの旦那が登場。
「これからもよろしくお願いします」とご挨拶
嘘バレはやっ

 

「あさやさんや」

勝二さんと良子ちゃん
バレてます、バレてますよー

 

「嘘をついてまで辞めたかったんでしょうか…」

良子ちゃんがいなくなってちょっとほっとしたとカミングアウトした君枝ちゃん
そっか、生きてる旦那の話聞くのは辛いわな…
すみれと君枝の旦那も帰ってくるといいな…

 

「あの子…やめた?」

この前来たケバいお客さんが来ました
店番やってた時のエピソードを聞かされる
良子ちゃんの接客もダメだし、客もクソ客やなぁ

 

「友達に嘘ついたんか?」

勝二さんにはバレバレでしたな
「嘘は大切な人なくすで」
ええ旦那やんか

 

「何やこれ?」

闇市にて洗ったらゴムが伸びっぱなしの靴下
「メイドインジャパンが粗悪品の代名詞やなんて…」

 

すみれ登場

布のはぎれを貰いに来たすみれ
闇市で襲われかけたし、1人で来たらアカンのでは…

 

「文句ばっかり言うて何もせえへんのは卑怯やないか?」

場代を払う理不尽さに文句を言うゆり
するとお前が言ってこいと諌める五十八さん

 

「根本さんですよね?」

闇市の元締め、根本を説得しに行ったゆり
さてどうなる?

アンケート

ブログの今後書く記事などの参考にします。
もし良かったら回答していってください。
よろしくお願いします

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です