【朝ドラ感想】べっぴんさん23話【連続テレビ小説】

2016年10月放送開始、連続テレビ小説『べっぴんさん』23話の感想です。
4週目のタイトルは「四つ葉のクローバー」




公式サイト

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」

感想

リアルタイムから遅れまくってますが、感想記事もぼちぼち書いてます
視聴は最新話まで見てます

ようやく4人揃いましたね
ここからストーリー始まるなって感じがしていいですね
ほんとようやく、だ

ハイライト

「なんてすてきなドレスなの!」

完成したドレスをエイミーにプレゼント。
とてもとても喜んでくれました
「あなたが作ってくれた事、大切にします」
よかったな(´;ω;`)

 

あさや

学生時代以来の3人であさや
「あのドレスが出来たのは良子ちゃんと君ちゃんが一緒に作ってくれたから」
お金は山分け

 

「これ…お礼です」

明美ちゃんへもお礼参り
お金かと思ったら違った
少女時代のクッキーみたいに捨てられないかヒヤヒヤしたぜ…

 

明美ちゃん、良子ちゃん、君枝ちゃん

それぞれ思うところがあるんだなぁ…
しんみり
しゃ、尺稼ぎじゃないよ(震え声)

 

「私、一緒にやりたい」

あさや靴店にやってきた君枝ちゃんと良子ちゃん
しかし君枝ちゃんの義母は反対。
反対する理由は君枝ちゃんの体調を心配して、か

 

「私は、日本が勝つと信じていました」

「今はどん底です」
すみれをきっかけに自分を変えようと決意した君枝ちゃん

 

明美も登場


「思いだけでうまくいく世の中やないよ」
「手伝うわ」
何やこいつ!ツンデレか!
明美もすみれに心動かされたか

4人揃った!!!
何も見えない未来に一筋の明るい光が見えた瞬間でした

アンケート

ブログの今後書く記事などの参考にします。
もし良かったら回答していってください。
よろしくお願いします

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です