【朝ドラ感想】べっぴんさん14話【連続テレビ小説】

2016年10月放送開始、連続テレビ小説『べっぴんさん』14話の感想です。
3週目のタイトルは「とにかく前に」




公式サイト

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」

 

 

 

 

感想

感想記事は遅れてますが視聴は毎日ちゃんとしてます
コツコツ地道に書いていく予定です

潔も戻ってきたしいよいよ本格始動ってところかな?
潔の前向きさは必要ですね

預金封鎖で生活がピンチなすみれ達
思い出の品を売る決断をしたけど売れるのかな?どうなる

ハイライト

「ご無沙汰しております」

結局潔が帰ってきたことでゆりが出ていく話はなくなったんか?
潔は沖縄行って生き残ったのか
「大阪に戻る。軍資金を作ろう」

 

「とにかく前に進まんと、何も始まらへん!」

この潔の前向きさ、いいんだけどさ
ついこの前まで戦地に行ってたとは思えない前向きさや
「おばあさま、お元気でね」
すみれも貯金を頼りに神戸に帰ることに。

 

バラック小屋

坂東家の跡地は国に接収されたので、近くに小屋を建ててみんなを待つことにしたすみれ

 

大阪・梅田の闇市

潔とゆりは梅田で商売スタート

 

昭和21年

また時代が飛んだ
紀夫の消息は依然不明
そして「預金封鎖
経済めちゃくちゃ。配給もダメダメ

 

ゆりと潔

困るすみれたちの元にゆりがやって来た
食料持ってきてくれた
五十八さんと執事も戻ってきた
つか父ちゃん議員やったんちゃうんか

 

「進駐軍に取り調べ受けて、何ものうなってもうた…」

「誰に負けたんやろな、わしは…」と五十八さん
「負けと決めるにはまだ早いんちゃいます?」

 

「思い出があるお品ばっかりですね」

思い出の品を売る決意をしたすみれ
…この時代に贅沢品なんか売れるのか?

アンケート

ブログの今後書く記事などの参考にします。
もし良かったら回答していってください。
よろしくお願いします

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です