【アニメ感想】化物語 7話

アニメ『化物語』7話の感想記事です
2009年7月〜9月放送のアニメです(もうそんなに前か…)
西尾維新原作『物語』シリーズの記念すべき1作目のアニメ化ですね。

管理人は『物語』シリーズのアニメは放送時に飛び飛びで見てる感じです
といっても化、偽、猫あたりしかまともに見てないかな…
原作は『化物語』上下巻読んでそれっきりだな…
化のアニメはちゃんと通しで見るのは初めてだったりします

 

公式サイト

プライムビデオ

Amazonプライムビデオでも見れます

 

感想

普通にネタバレあります

するがモンキー其ノ貮。
阿良々木さんを襲った怪異の正体は神原駿河だった。

ようやく神原駿河の本領発揮な感じっすね。
ほんとこいつは変態だわw




ハイライト

「精一杯殴ってやろうと思って追いかけてきたんだけれど」

そこにいたのは血まみれの阿良々木さん

 


「どうぞ、阿良々木先輩」

神原駿河の家を訪問
どんな部屋だよ

 


「昨夜のことを謝らせてもらおうと思う」

やっぱり先日襲ってきた怪異の正体は神原駿河だったのか

 


左腕

神原が左腕の包帯をほどくと…
「猿の手、みたいだ」
生きているタイプの怪異。

 


トランス状態

襲った時は意識がハッキリしてるわけではなく夢現…
つまりトランス状態らしい

 


「私はレズなのだ」

爆弾発言キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
神原はガハラさんに対してレズ的な片思いを抱いてたのか
戦場ヶ原ひたぎが蟹に取り憑かれていた時、何とか助けようとした
だが拒絶された

 


阿良々木

だが阿良々木はまるで当然のようにガハラさんと一緒にいた
それに嫉妬した神原駿河
「だから私はこの手に願ったのだ」

 


「私はそこそこ可愛いと思うのだ」

こいつは何を言っているんだ
「女の子だってエッチな話に興味があるのだ」
神原駿河の変態な本性が出てきたな

 


「誰かが誰かの代わりになれない」

「そうだな、そのとおりだ」

 


忍野忍

忍と阿良々木さんの事情はまだ明かされず。
とてもワケアリな感じだが

 


忍野メメ

「お嬢ちゃんの左手、それは猿の手じゃないよ」
悪魔の手…?

 

アンケート

ブログの今後書く記事などの参考にします。
もし良かったら回答していってください。
よろしくお願いします

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です