【アニメ感想】化物語 6話

アニメ『化物語』6話の感想記事です
2009年7月〜9月放送のアニメです(もうそんなに前か…)
西尾維新原作『物語』シリーズの記念すべき1作目のアニメ化ですね。

管理人は『物語』シリーズのアニメは放送時に飛び飛びで見てる感じです
といっても化、偽、猫あたりしかまともに見てないかな…
原作は『化物語』上下巻読んでそれっきりだな…
化のアニメはちゃんと通しで見るのは初めてだったりします

 

公式サイト

化物語 – 西尾維新アニメプロジェクト

 

 

 

プライムビデオ

Amazonプライムビデオでも見れます

 

感想

普通にネタバレあります

するがモンキーその1ということで導入回。
まだまだ神原駿河の本領は発揮されてない感じですね。
ガハラさんと普通に付き合うことになった阿良々木さんだけど、
基本鬼みたいなツンでたまにデレるガハラさんが可愛いな

ラストで謎の怪異に奇襲される阿良々木さんだが…?




ハイライト

ありゃりゃぎさん

「失礼、かみました」
しょっぱな八九寺登場
「お二人でちちくりあうんじゃないですか?」

 


「よ!阿良々木先輩!」

誰やねん
って感じで神原駿河登場。

 


仕組まれた奇遇

「私は実は阿良々木先輩を追いかけてきたのだ」
まためんどくさそうなキャラがw
左手を怪我してるようだが…

 


「ああ、戦場ヶ原先輩か」

やたら詳しいな…
「阿良々木先輩、ご武運を」
何しに来たんや…

 


「らららぎさん」

「かみまみた」
もはや定番ネタ
「それに僕、一番難易度の高いキャラを攻略しちまってるからな」

 


勉強会

「どうして僕は勉強しているんだろう」
「バカだからじゃないの」
進路の話を始めるガハラさん

 


進路

「私は阿良々木くんと同じ道に進みたいものだけど」
こういう微妙にデレてくるとこほんといいよな…

 


陸上部のエース

中学時代は陸上部のエースだったガハラさん
「もうあの頃に戻るつもりはないわ」
「神原駿河か。懐かしい名前だわ」
中学時代の後輩か

 


「あの子がどうかしたの、阿良々木くん」

「目玉の1つくらいならいいかしら」
こわいこわいこわい

 


「阿良々木くんが私以外の誰かに殺されたら、私はその犯人を殺すわ」

こわいこわいこわい

 


神原駿河

実は神原は阿良々木さんの1年前にガハラさんのヒミツに気付いていた
だがガハラさんは拒絶した
「今は違うわ。赤の他人よ」

 


羽川との電話

阿良々木さんは神原駿河の事を羽川に聞いてみる
ガハラさんと神原は昔ヴァルハラコンビと呼ばれていたらしい

 


難攻不落のセルフフィールド

いわゆるプライベート。エヴァで言うATフィールド的なあれか
ガハラさんや阿良々木さんはこのフィールドを大きく持っている
だからこそガハラさんは難しい、と羽川は言う

 


奇襲

突然怪異に襲われる阿良々木さん
フルボッコや…

 


忘れ物

気付いた時に目の前に立っていたのはガハラさん
「忘れ物、届けに来たんだけれど」

 

OP

 

するがモンキー神原駿河(CV.沢城みゆき)OP
爽やかテイスト。

アンケート

ブログの今後書く記事などの参考にします。
もし良かったら回答していってください。
よろしくお願いします

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です