【アニメ感想】化物語 4話

アニメ『化物語』4話の感想記事です
2009年7月〜9月放送のアニメです(もうそんなに前か…)
西尾維新原作『物語』シリーズの記念すべき1作目のアニメ化ですね。

管理人は『物語』シリーズのアニメは放送時に飛び飛びで見てる感じです
といっても化、偽、猫あたりしかまともに見てないかな…
原作は『化物語』上下巻読んでそれっきりだな…
化のアニメはちゃんと通しで見るのは初めてだったりします

 

公式サイト

化物語 – 西尾維新アニメプロジェクト

 

 

 

プライムビデオ

Amazonプライムビデオでも見れます

 

感想

普通にネタバレあります

八九寺がとにかく可愛い回だった。
表情がコロコロ変わってイイ。
しかし小学生女子を二度も倒す阿良々木さん大人気なさすぎやぞ…
そのダメさ残念さ加減が阿良々木さんの魅力かもしれない。

前回よりは少し場面が動いて八九寺の目的地探しと羽川登場と色々あった感じ。
会話劇主体なのは変わらないけど。

「私は蝸牛の迷子ですから」と意味深な発言をする八九寺、
電話でなかなか核心を話さない忍野と、謎が深まりもどかしい回でもある。
『まよいマイマイ』の”マイマイ”は蝸牛の別称でもあるよね。

あとは前回に引き続きガハラさんこと戦場ヶ原ひたぎの容赦ない言葉の暴力の数々w
どんどん魅力が出てきてるなぁ
つか忍野にもホチキス構えるとは…。阿良々木さんに対してだけじゃないのかw

物語シリーズのキャラ達はちょっと捻くれた個性的なキャラが多くて本当に面白いっすね。




ハイライト

迷い牛

アバン。忍野メメいわく、迷子は迷い牛の怪異のせいらしい

 


「このあたり」

「このあたりだったのよ、私の住んでた家」
区画整理で前の家は既になくなっていたガハラさん

 


いかつい脚

「PTAはものすごい組織なんですよ!!!」
PTAは何の略か。ガハラさん博学だ。

 


「この住所の場所には一体何があるんだ?」

「黙秘権を行使します!」
この住所に何があるのか話したがらない八九寺

 


おこづかい

金に釣られて普通に話しだしたw
バカな子供だった…

 


あらららぎさん

「失礼、かみました」
八九寺と言えばこの会話だ

 


「もう一度住所を教えてくれる?」

どうやら行き過ぎてしまったようだが…
なぜかガハラさんにビビっている八九寺
「お前って子供嫌いなの?」「嫌いよ、大嫌い。一人残らず死ねばいいのに」
ひでえwww

 


「どうもまた行き過ぎてしまったみたい」

「構造的に迷うわけがないのよ」
ナビを使おうとするが、急に圏外に…
「多分無理だと思います…」
「私は蝸牛の迷子ですから」

 


忍野に相談

「ていうか、その子と二人きりになんて、しないで」
八九寺にはどうやらまた警戒されてしまったようだが…
アイスクリームで釣れた。お子様ちょろい。

 


お母さん

八九寺の親は離婚して父親に引き取られたのか…
「お前も、色々大変だったんだな…」
撫でようとしたら噛み付いたw
小学生に腹パンする阿良々木さん…

 


羽川登場

「私も、暇つぶしかな」
「お前は何でも知ってるな」
「何でもは知らないわよ、知ってることだけ」

 


うりうり

小さい子にも親切なお姉さんの羽川
さすがの八九寺も羽川には逆らえない
ふぅ…

 


「そっか、そういうこと」

ガハラさんの事を聞いて察した羽川

 


電話

意図せずガハラさんの電話番号を入手した阿良々木さん
ツンデレちゃん=戦場ヶ原
電話の向こうでガハラさんにホチキスを構えられる忍野w

 


八九寺→やく→厄に繋がりやすい
「ツンデレちゃんが素直にそれを教えてくれればいいけどね」
忍野の電話はこれで終了

 

アンケート

ブログの今後書く記事などの参考にします。
もし良かったら回答していってください。
よろしくお願いします

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です