【アニメ感想】化物語 3話

アニメ『化物語』3話の感想記事です
2009年7月〜9月放送のアニメです(もうそんなに前か…)
西尾維新原作『物語』シリーズの記念すべき1作目のアニメ化ですね。

管理人は『物語』シリーズのアニメは放送時に飛び飛びで見てる感じです
といっても化、偽、猫あたりしかまともに見てないかな…
原作は『化物語』上下巻読んでそれっきりだな…
化のアニメはちゃんと通しで見るのは初めてだったりします

 

公式サイト

化物語 – 西尾維新アニメプロジェクト

 

 

 

プライムビデオ

Amazonプライムビデオでも見れます

 

感想

普通にネタバレあります

ガハラさんと阿良々木さんの掛け合いがメインの回
ひたすら会話劇なんで一見地味なんだけど、映像で飽きさせない努力してるなぁと思う
ガハラさんがとにかく可愛い。

あと、今回のメインヒロインの八九寺真宵も登場。
生意気なお子様。でも可愛い。
次回は迷子の八九寺を案内してあげる展開のようだが…。




ハイライト

母の日

阿良々木さんは何となく公園で1人過ごす
「まるで世界に僕1人しかいないみたいじゃないか」

 


少女

地図を眺める少女がいたが、すぐ立ち去ってしまう
これが今回のヒロインです

 


「あらあらこれはこれは」

ガハラさん登場。
私服かわいい。
「一番最初にあなたに見てほしかったから」

 


縄張り

この公園はガハラさんが昔住んでた近所
「でも変わっちゃった」

 


「隣、構わないかしら」

カップルみたいだ
阿良々木さんの視線が谷間へw

 


「仲良く…ね」

ガハラさん近い近い!
「なんだ…この状況」
対等な友達同士…友達…

 


「どんな願いでも1つだけ叶えてあげる」

某淫獣みたいな事言うのやめろw
1週間毎日裸エプロン…だと…
何気に遊具で遊びまくってるの笑う

 


「いくら何でも失礼すぎるだろうが!」

ケツガン見しすぎィ!

 


「童貞だもの」

「童貞はがっついてないから楽でいいわ」
ガハラさんはヤりまくりなのか…

 


妹と喧嘩

阿良々木さんの妹達は通り名ファイヤシスターズ
妹達は母親にベッタリなので居場所はない長男
「兄ちゃんはそんなことだからいつまでたっても!」

 


つまらない人間

「僕の悩みはこんなにちっちゃい…それが嫌だ」
悩める高校生だ

 


「案外阿良々木くんシスコンだったりして」

実際シスコンなんだよなぁ…

 


義理の恋人

「何で僕、試されてるの?」

 


「彼女が欲しいとか」

「欲しいって言ったら…どうなるんだ?」
ガハラさんが彼女…だと…
「いや、そういうのは…別にないな」
阿良々木さんマジかよおおお!?

 


さっきの子

さっきの小学生、再び。
だがガハラさんは「見えないわよ、そんなの」
「小学生に話しかけてくる」
「やめておきなさい。傷つくだけよ」

 


「話しかけないでください」

しょっぱな嫌いだと言われるwww
傷ついた(´・ω・`)
懸命に話しかけるもシカトされる(´・ω・`)

 


「何をするんですか!」

阿良々木さん何気にひでえw
しかし阿良々木さんもひどいが八九寺真宵もムカつくガキンチョだw

 


「くらえ!」

八九寺がキック!かと思いきや振り回す阿良々木さん
阿良々木さん大人気ないぞ!

 


「阿良々木くん」

こっちに来たガハラさんに八九寺の事を説明するが…

 


「行くぞ八九寺」

住所の分かるガハラさんが案内してくれることになったが…
「蝸牛の迷子です」
八九寺の態度が何やら意味深だが…

 

OP

 

まよいマイマイ』のOPは八九寺真宵のキャラソン
狂気を感じる電波ソングだ…
これで真宵ファンにならないわけがない

アンケート

ブログの今後書く記事などの参考にします。
もし良かったら回答していってください。
よろしくお願いします

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です