【アニメ感想】アトムザ・ビギニング 8話

アニメ「アトムザ・ビギニング」8話の感想記事です

感想

ロボレス回

ロボットレスリング略してロボレス
今回はA106がこのロボレスに出場する話。

モヒカーン・バッソ

第1試合の敵はモヒカーン・バッソ
第1世代のロボットで、リモコン操作型。
操縦主はロボサーの姫か何かか?

シックスとの体格差が凄く、最初は防戦一方かと思われたシックス。
しかしバッソのモヒカン(アンテナ)を取って勝利。
モヒカンとったどー!

第1世代ロボの弱点を見事に捉えた勝利だったものの
派手な試合が見たい観客からは大ブーイング。

第2試合

次の敵は人が乗ってる搭乗型
直前の天馬の指示から、下手したら内蔵もぎ取っちゃうんじゃね?と不安に。
しかしそんなことはなく、動力停止→パイロット奪還で勝利。

まさかのお姫様抱っこ&ブリーフで笑った。
これには観客もテノヒラクルー

まとめ

次回は準決勝
決勝でDr.ロロのロボットとやる展開かな。

バトルの動きもいいしなかなか。

この作品は「鉄腕アトムの前日譚」として見ると微妙だけど、
一つの同人作品みたいなノリで見るのがちょうどいいのかなーと思う。
結構楽しんで見てます。

漫画の方もそのうち読んでみようかな。

スクリーンショット

関連リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です