【アニメ感想】進撃の巨人season2 36話

アニメ「進撃の巨人season2」36話の感想記事です
サブタイトルは「突撃」

感想

クリスタマジ天使

ユミルに拉致られたクリスタ
唾液まみれなのが無駄にエロいですね
ユミルとクリスタの言い合いはギャグパートかな?

「何があっても私の味方だって」
そうユミルに告げるクリスタ。
マジ天使。ライナーじゃなくても結婚しよって思うわ。

エルヴィン団長

この団長も本当に鬼畜というか…
容赦ねえっす。

腕持ってかれたにも関わらず気迫が凄い。
しかしエレンの奪還に携わったわけだけど、
あの状況からどうやって解放されたんだろうw

ゲスミン

このシーンを待ってた。
アルミンがベルトルトに精神攻撃仕掛けるシーン。

アニが拷問されてる、とベルトルさんを動揺させるんだけど、
ゲスミンの表情や言い回しも相まってかなりゲスい
実際アニは結晶化(?)しちゃったんで拷問のしようがないんだけどね。

そんなわけで何とかエレン奪還という。

母親の敵

吹っ飛ばされて負傷したミカサとエレンが大ピンチ。
しかも目の前に現れたのはダイn…
あの時エレンの母親を食った巨人

これはハンネスの積み上がった死亡フラグを消費する時か…?
めちゃくちゃいいところで次週に続く。

まとめ

溜め回を経てまた盛り上がってまいりました。
でも前回のワイヤーアクション(笑)といい、
CGがちょっぴり雑になってるのは少しだけ気になるかなぁ。

最初の馬の動きが速すぎて笑ってしまった。

あと鬼嫁ミカサの顔がマジ怖かったです。
あんな顔で睨まれたら夢に出てきそうだ。

スクリーンショット

関連リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です