【朝ドラ感想】あまちゃん 12話【連続テレビ小説】

2013年4月放送開始、連続テレビ小説『あまちゃん』12話の感想です。
2週目のタイトルは「おら、東京さ帰りたくねぇ」




感想

2週目ラストのお話ということで、夏休みが終わりアキちゃんが東京に帰る日という節目回。
しかし電車に乗る直前で結局帰らない決断をしました
駅のホームのシーン、思わず泣いてしまった

本当は寂しいのに強がる夏ばっぱ
本当は母親のことを心配してるのに強がる春子さん
本当は北三陸に残りたいのに家族に気を使って強がるアキちゃん
それぞれが強がって素直になれない感じが…ね。
みんな不器用だけど、それぞれ人間らしいなと思ったとか何とか。

笑わせてくるところは笑わせてくるし、泣かせるところはしっかり泣かせてくる。
泣ける作品と言っても「感動します!ここ泣くポイントですよ!」ってわざとらしいドラマってあるじゃないですか。
そーゆーのじゃなくて、本当に見てて心が温かくなって自然と涙が出てしまった
本当にいいドラマだなぁと思う

これからのアキちゃん達がどうなるかも楽しみだ

ハイライト

夏休み最終日

明日の朝、アキちゃんは東京へ帰ります
「来年もまたくっから!」
最後にうにを食わせてくれる夏ばっぱ
「忘れんな」

 


「東京行くんすか?」

西新宿のカレーのサービス券くれるヒロシ
いらねえw
「元気で」

 


「ほんとはあんたこっちで暮らしたいんじゃないの?」

春子さんの問いかけはドライヤーで聞こえずw
アキちゃん、ほんとは北三陸で暮らしたいけど家族を想って無理してるのか…

 


リアスにて

大吉はどうでもいいが、海女の素質があるアキちゃんを失ったらもったいない
「去る者は追わず」
夏ばっぱも本当は残ってほしいんだろうな…

 


「私たち、明日帰るんだけど」

夏ばっぱ帰宅
春子さんが東京帰る話をしても興味なさげな様子をしてるが…
これは無理してるな

 


「ズルいよね〜」

「ほんとに親ってズルい!」
春子さん、自分の娘の前でそれを言うかw
一方狸寝入りを続ける夏ばっぱ

 


別れの朝

お別れに来た大吉さんと海女クラブの皆さん
一方夏ばっぱは1人浜に潜りに行ってしまったようだが…
「また来年来るからねー!」
寂しいのう(´;ω;`)ブワッ

 


夏ばっぱ

本当は行ってほしくないのに…
素直になれないねぇ…

 


北鉄

若い時東京へ出て行った時の事を思い出す春子さん
どうでもいいが大吉さんは遂に告白できず(´・ω・`)

 


発車ベル

発車ベルが鳴り響く中…
「おばあちゃん、来ないね」
乗るのを躊躇うアキちゃん…

 


「あんたが決めたのよ、東京帰るって」

「どうしたいの、アキは!!!」
とっさに電車を降りてしまう春子さん
「ごめ〜ん!」
大吉さんだけ出発してしまったw

 


帰宅

ばーちゃんただいま!
夏ばっぱめっちゃ嬉しそうw
「待ってたんですけど!」
夏ばっぱはやっぱり春子さんに対しては素直になれないのねw

ほんとに不器用な親子だ

アンケート

ブログの今後書く記事などの参考にします。
もし良かったら回答していってください。
よろしくお願いします

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です