【アニメ感想】91Days 3話

アニメ 91Days ロゴ

アニメ「91Days」3話の感想記事です

91Days
リアルタイムではもう7話まで放送済みです




感想

普通にネタバレあります

とにもかくにもファンゴのインパクトが強すぎる回でした
2話でのSMプレイに続きファンゴさんキチガイすぎる

  • 人の手にフォークぶっ刺し
  • 人の顔にタバコ押し付け
  • 股間から拳銃
  • ナイフペロォォォォォォォ
  • 「ヒャッハー!!!!!」

「何だこいつヤベエwww」みたいなのが1人いるだけで
いい感じにアクセントになりますね

最後ネロアヴィリオ2人旅する展開になりましたが
刺客も来そうだし果たしてどうなることやら

 

ちなみに1話見てない人はAmazonビデオ期間限定無料で見れますよ

ハイライト

「無事だったんだね」

戻ってきたアヴィリオにコルテオの一言
戻ってくるまで健気に待ってるコルテオ、みたいだ

「オルコの犬か。お前がヴァンノをやったのか…?」
仲良かったヴァンノが殺されてネロは激おこでしたが
アヴィリオは”セルペンテの死体を持ってくる”という条件付きで解放されたようです

 

「…お前じゃないよな?」

アニメ 91Days アヴィリオ

セルペンテの死体がなくなったことに関して
コルテオに問いかけるアヴィリオ
これはコルテオ裏切りフラグ?

 

「チェロット。昨日の夜どこにいた?」

ヴァンノ殺しの疑いがかけられているとチェロットを問い詰めるコルテオ
「アレは俺じゃねえ!」と取り乱すチェロット
アレって言ってるってことは何かしら知ってるわけだな

 

「ラザニアってのはハーモニーだ」

場面変わってドン・オルコのお食事シーン
ラザニアの味にうるさいラザニアおじさんかな?
ドン・オルコはCV:茶風林なだけあって風格ありますね

ファンゴはオルコファミリーの中でも問題児みたいね
幹部の手にフォークぶっ刺したり、やりたい放題だ

 

チェロットの供述

チェロットはつい気になってヴァンノとセルペンテの足取りを追ってたとのこと
だがアヴィリオがヴァンノを撃った肝心なシーンを見てない

セルペンテの死体はスクーザ(連邦取締官)に売ったらしい

そんな話が行われてる一方で
スクーザはヴァネッティ・ファミリーをゆすりに来ましたね

 

「ツイてるぜ〜!ヒャッハー!」

町でたまたまネロの姿を発見したファンゴ
ファンゴさんのはっちゃけっぷりが何か好きになってきた

 

スクーザが押収品を隠してる建物にて

セルペンテの死体を回収しに来たアヴィリオとチェロット
誰か来たと思ったらネロでした

 

ヴァネッティ・ファミリー幹部

”ヴァンノがセルペンテを殺ったことをネロも知っていた”
”ネロを始末するべきだ”という意見も出てくる始末
ドン・ヴァネッティが「俺が何とかする」とこの場をおさめるも何やら不穏な空気
ヴァネッティ・ファミリー分裂ありそうだな

結局”ガラシアが始末する前にヴァネッティ・ファミリーはネロを消そうとした”
”だが勘のいいネロは先に町を出た”という筋書きに

 

「ほら、ご褒美だ遠慮するな」

見張りに立ってたネロの仲間の運転手さん、またもや不憫な目に
ファンゴは人の手にフォーク刺したり顔にタバコ押し付けたりめちゃくちゃだな

 

ネロとファンゴで人質交換

人質はセルペンテ(?)運転手
顔隠れてるし中身アヴィリオなんだろうな
「セルペンテ、お前少し痩せたな?」と早速ファンゴに怪しまれてます

 

セルペンテ(?)に銃を突きつけるファンゴ

ファンゴ股間から銃出したぞw
そして案の定セルペンテ(?)の正体はアヴィリオでした
咄嗟に反応できるあたりアヴィリオさすが

んでまたドンパチスタート、したかと思いきや逃げます

 

「これで思う存分、ヴァネッティと戦争できるじゃねーか」

セルペンテの死体を前にノリノリイケイケなファンゴである

 

「兄さん、なるべく早く町を出てくれないか」

アニメ 91Days アヴィリオ

弟フラテからネロが生き延びる為の提案
そこで「俺を連れて行ってくれないか」とアヴィリオ
あ、これ完全にネロ殺る気満々だわ

 

ヴァンノの葬式

ネロとヴァンノはただの友人ではなく兄弟みたいに仲が良かったんだろうな
そのヴァンノの命を奪ったアヴィリオは密かに何を思うのか

 

「2人連れだ。一緒に始末しろ」

ネロとアヴィリオは町から脱出
と、謎の人物に電話。
完全にネロとアヴィリオ狙われてますやん

91Days記事アーカイブ

1話から最新話の感想まで読めます

91Days | ウツヤ・マツナ

 

 

 

 

アンケート

ブログの今後書く記事などの参考にします。
もし良かったら回答していってください。
よろしくお願いします

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です