【4行日記】悩むのは最小限に。

4行日記です。
事実・気付き・教訓・宣言の4行で構成された日記です。

事実

自分には自分の性質について思い悩みすぎな節がある。

気付き

遺伝とかもあるし、あんまり悩みすぎてもしょうがない。

教訓

生まれつきの性質について悩んだところで治るわけでもないし、悩みすぎても仕方ない。

宣言

悩むのは最小限に。

コメント

ドグラ・マグラの脳髄論を読んでてふと思った。
自分には生まれつき、怒りの沸点が低かったり色々と短所がある。
しかし遺伝…先祖から受け継いでしまった性質について延々と悩んだって仕方がないではないか。

もちろん短所を短所として認識することは大切であり、
いかにして緩和するか考える事は必要だと思う。
しかし、この短所を”完全に失くそう”とか、短所による自己嫌悪に陥る必要はない。

だっていくら悩んだところで遺伝による性質が治るとは思えない。
治る見込みのないものでくよくよ悩んだって仕方ない。
ある程度の開き直りも大切だ。

関連リンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です